https://drive.google.com/drive/folders/1fkEqH_P--TXlikDbZ-o4VR4nFRqvAVEV?usp=sharing
top of page

耐震基準適合証明書とは - 証明書の意味と取得のメリットについて




日本は地震大国として知られています。そのため、私たちが住む家が地震にどれだけ耐えられるかは、非常に重要な問題となります。ここで、耐震基準適合証明書の役割とその取得のメリットについて詳しく解説します。


耐震基準適合証明書とは

耐震基準適合証明書は、建物が耐震基準を満たしていることを示す公的な証明書です。この証明書を取得するためには、まず耐震診断が必要です。耐震診断の結果、建物の上部構造評点という点数が算出され、この点数に基づいて耐震性が判定されます。上部構造評点1.0以上の場合、耐震基準適合証明書の発行が可能となります。


取得のメリット

  1. 住宅ローン控除:耐震基準適合証明書を取得することで、住宅ローン控除が適用される可能性があります。これは、住宅ローンの残高の一定割合を所得税から控除してもらえる制度です。

  2. 登録免許税の軽減:耐震基準適合証明書を取得することで、登録免許税が軽減される場合があります。これは、土地や住宅の登記時にかかる税金のことを指します。

  3. 不動産取得税の軽減:特定の条件下で、耐震基準適合証明書を取得することで、不動産取得税が軽減される可能性があります。

耐震基準適合証明書は、建物の耐震性を証明するだけでなく、さまざまな税制上のメリットを享受するための重要な手段となっています。安全かつ経済的に有利な住まいを持つために、この証明書の取得を検討する価値は非常に高いと言えるでしょう。

最新記事

すべて表示

サーバー不具合による重要なお知らせ

サーバー不具合による重要なお知らせとお詫び 平素より、日本住宅耐震普及協会のホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。 この度、弊社ホームページのサーバーに技術的な不具合が発生し、2024年2月15日から2月19日までの期間、ホームページへのアクセスが困難な状況が続きました。この事態により、お客様には大変なご不便とご心配をおかけしたこと、心よりお詫び申し上げます。 弊社では、この不具

Comments


bottom of page