https://drive.google.com/drive/folders/1fkEqH_P--TXlikDbZ-o4VR4nFRqvAVEV?usp=sharing
top of page

安心の住まいを手に入れる!既存住宅かし保証保険とは



こんにちは!今日は、中古住宅を購入する際の不安要素を解消する、一般社団法人日本住宅耐震普及協会の「既存住宅かし保証保険」についてお話しします。

新築住宅には10年間の保証がありますが、中古住宅の場合、保証期間は1~3ヶ月程度。個人間の取引では、売主が契約不適合責任を負わないことも認められています。これが中古住宅購入の大きな不安要素の一つですよね。


でも、ご安心ください!「既存住宅かし保証保険」があれば、中古住宅の欠陥や不具合に対する保証が可能になります。これは、建物検査(インスペクション)を行い、その結果に基づいて保険が付けられる制度です。

この保証保険を利用すれば、中古住宅の物件性能を明確にし、売主と買主双方が安心して取引できます。さらに、保証期間は最長5年、保険支払い限度額は最大1,000万円となっています。


「既存住宅かし保証保険」に加入するためには、住宅の基本的な性能について、検査事業者による検査に合格することが必要です。そして、保険が付いた中古住宅に欠陥が見つかった場合、補修費用などの保険金が支払われます。


この保証保険を活用すれば、建築士かつ既存住宅状況調査技術者が構造耐力上主要な部分と雨水の浸入を防止する部分の検査を実施します。これにより、安心して取引を進めることができます。さらに、検査でも発見できなかった欠陥による損害が保証期間内に発生した場合、補修工事を当協会がサポートします。


また、万が一、検査事業者が解散の場合でも、買主様から直接保険会社に保険金の請求ができます。これにより、どんな状況でも安心して中古住宅を購入することが可能になります。

これから中古住宅を購入する方、または中古住宅を売りたい方は、ぜひ「既存住宅かし保証保険」をご検討ください。安心と信頼の住まいを手に入れるための一助となることでしょう。

最新記事

すべて表示

サーバー不具合による重要なお知らせ

サーバー不具合による重要なお知らせとお詫び 平素より、日本住宅耐震普及協会のホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。 この度、弊社ホームページのサーバーに技術的な不具合が発生し、2024年2月15日から2月19日までの期間、ホームページへのアクセスが困難な状況が続きました。この事態により、お客様には大変なご不便とご心配をおかけしたこと、心よりお詫び申し上げます。 弊社では、この不具

Comentarios


bottom of page